今時珍しい9人家族の中におけるこちゃる達の日常を考察・・・
中日小学生将棋大会
2015年02月10日 (火) | 編集 |
今日2月8日は「小学館・集英社杯 第40回小学生将棋名人戦岐阜県大会・中日小学生将棋大会」の日。

本来であれば小学生将棋名人戦の方に参戦したいところだが、まだまだ実力が伴っていない事、そして絶対的王者が君臨している事もあり、リョータは今回も下カテゴリーの中日小学生将棋大会へ参戦。

今回は同じ教室ののむらくん、おやまだくんも乗車し、楽しく(騒がしすぎ?)行って来る事が出来た。

低学年の部は31名の参加。最近は岐阜の方の将棋事情に疎く、名人戦参戦者はだいたいわかるものの、低学年となるとあまり分からず。まあ、でも優勝するには全部勝つしかないので、そうやって送り出す事に。


それがあれよあれよと勝ち進み、怒涛の4連勝!(昨年は2勝3敗だった)
組み合わせの関係でリョータも含め4連勝者は3名。くじ引きで対戦相手を決め、余った一人は3勝1敗者と対局することに。

リョータは4連勝者との対局。となると勝てばもう一つの対局によっては優勝決定だったのだが…でも・・・結局負けちゃいました。いい勝負だったのだが…惜しい(涙)
ちなみにもう一つの対局である4連勝者と3勝1敗者との対局は3勝1敗者が勝っちゃうものだから話がややこしくなり、結局2位以下は点数計算となった。

そこでリョータは1点と言う僅差で3位を逃す…。

点数計算での順位決めはルール上決まっているのだから仕方がないんだけど、リョータのように今回比較的弱い子ばかりと当てられているとこういう弊害が起きる。4連勝者3名で決勝トーナメントで良かったと思うのだが(バローだったらそうした)、そういった柔軟な対応をしてくれるわけがなく…。

惜しかったなー。本当、惜しかった。



↑おまけ(親にとってはこっちがメインだったりする)。なんと奨励会1級のみやじま君がリョータと対局してくれたのだ。ちなみにリョータは無謀にも平手で挑んだ(笑)。感想戦までしてくれたので本当に感謝感激雨あられだったのだが、リョータにどれだけ響いたか、それが心配である。
コメント
この記事へのコメント
来年はきっと。
お疲れ様でした。

この悔しさは、来年小学生名人戦で張らせるのではないでしょうか。
日々精進頑張って下さい。
2015/02/13(Fri) 12:38 | URL  | 柴山芳之 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック