今時珍しい9人家族の中におけるこちゃる達の日常を考察・・・
4/19(火) 晴れ!
2005年04月21日 (木) | 編集 |
20050421013602
ミズホ、久しぶりに外へ。
治ったとは言っても、顔の湿疹がひどいため、子供がたくさんいるところには行きにくく、散歩程度にする。

ミズホは大喜び。母も大喜び。

ハトを見に行く。見つけると「あ、ぽっぽ」というが、寄ってこられるのは怖いようで(一度頭に乗られて怖い思いをした)、母に抱かれてみていた。スズメは「あ、ちっち」と言う。ニワトリとヒヨコは「あ、こっこ」。
動物もワンワン、にゃー、ちゅーちゅーなどいう。
家族も皆言える。
祖父(じい)祖母(ばあ)母(かぁ)コータ(こぉORにぃ)叔母(ねね)そして何故か父は「こぉ」…

それも、ここ1週間くらいで急に言えるようになった。
子供の発達は階段のようで、ある日急にできるようになるというが本当にそうだと思う。

コータ、今日は暑いくらいの日だったので、保育園からクタクタになって帰ってくる。

ちょっとしたことで、泣く泣く泣く(ToT)
泣きながら「眠い~」というので、あわてて風呂に入れ、ご飯を作りたべさせる。
今日は母一人だったので久しぶりに嵐のようだった。
ご飯を食べると機嫌がケロッと治り「なんか、眠くなくなってきた」…(=_=)…コノヤロウ…

ご飯後はいつものように花札をする。

コータの数字マニアは以前からなのだが、最近は引き算にハマっている。35-34=1 35-1=34など一人でいって遊んでいる。

一十百千万一億十億…など時々びっくりすることを言う。どういう頭の構造をしているのだろう…

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック