今時珍しい9人家族の中におけるこちゃる達の日常を考察・・・
4/17 晴れ
2005年04月18日 (月) | 編集 |
20050418022403
コータ、AM父と公園へ。そこには結構な運動になる遊歩道がある。一昨年(2歳の時)地図と看板にひかれてハマったもので、昨年はミズホを背負い何度も登った所である。
雪も無くなったので、今季初挑戦する。今回は今まで行ったことがない道から行く。少し不安そうだったが知っている場所の看板を見つけると(昨年、全ての場所の漢字を覚えた)がぜん元気になり、結構傾斜がある道も登りきる。
今季は何回行くのだろう…

ミズホ、かゆいのは多少落ち着いたのか、「かい~の」はしていなかったが、出っ腹をボリボリ掻いており、オッサンのようだった。薬のせいで眠いのかよく眠る。
オムツではムレて良くないかなと思い、昨日からパンツを履かせてみている。出てから教えてくれるため大変だが、コータのトイレトレーニングを懐かしく思いだし、楽しくパンツを洗わせてもらっている♪

父は夜勤、他の家族も皆出かけていて、昼からは母1人。
ミズホの昼寝中にコータと双六・オセロ・花札をやる。手加減はしなくてはならないが、大人と同じ遊びができるのは付き合っていて面白い。

ミズホが起きてくると、ゲームはできず、コータ不満そうだったので、座敷に移動し、ままごとなど使って遊ぶ。

コータが料理を作り、母が食べる。ミズホも兄の真似をして運んでくる。そのうち、ヌイグルミも入ってきて家ごっこになる。
最初は母が入っていたが、しばらくして抜けると2人で続きをやっていた。2人で布団に入り、コータが本を読んでやっている姿は何とも言えず可愛かった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック