今時珍しい9人家族の中におけるこちゃる達の日常を考察・・・
4/15 祭り日和!
2005年04月18日 (月) | 編集 |
今日は朝からいい天気!遊びに行くには絶好の日…なのだが、男衆は獅子舞に行き、女衆は夜の宴会の準備のため忙しい。
コータ、保育園は休み。
獅子舞を見に行く。彼は2歳の頃から父について何度か練習に行っており、獅子舞の人達に可愛がられている。今日は本番なので皆着物姿のため、いつもと違うと感じたらしく、遠巻きに眺めているだけだった。
ミズホは母の背中から
じーっと見ており、母から離れなかった。獅子が噛みに来てくれたときはさすがに大泣きだった。
家では、ヒマらしくねぇね(同居の叔母)とウノをして遊ぶ。2人して勝負が終わる度に座敷の方に走っていき、「勝った~」「負けた~」と言いながら踊っていた。
ミズホは母とビデオを見ながら踊っており、手伝いに来てくれていた祖母の姉さん達から「なんて騒がしい(楽しい)所なんやろ」と言われていた。
ミズホの湿疹が広がって来ており、少しかゆいよう。熱もなく元気で、気分転換にと家の前に連れて行くと、いつものように石を拾って側の川に投げ入れてまた拾いにいっての繰り返しでなかなか家に入らなかった。

ただ、石を投げ入れるだけのこの遊び、一緒にやってみると結構面白い。が、川に柵がないので危ないには危なく、近所のおばあちゃん達に注意されることもしばしば…(^_^;)

夜になると、お客さんが来て騒がしくなるが、コータはマイペースで遊んでおり、ミズホも断乳前は来る度に泣いていた父母の友人の側で遊んでいるくらいだった。
母は、お客さんと座敷の方にずっといたが、2人とも居間の方でねぇね達と遊んでいた。母としては、楽ではあったがちょっと寂しかった…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック